執筆要領

1
原稿の形式は次のとおりとする。
論文,総説,短報は,(1)表紙として,原稿種別,表題,簡略表題(ランニングタイトル,25字以内),著者名(姓名略さず),所属,所在地(著者が複数の場合,共著者全員の所属と所在地を明記),いずれも和英併記(ただし,簡略表題は和文のみ),および連絡先著者の電子メールアドレス,(2)要旨および5語以内のキーワード,いずれも和文と英文で記載,(3)本文,(4)引用文献,(5)図の題と説明,(6)図,(7)表,(8)電子付録(付図・付表など)をそれぞれ別紙に記載する。
謝辞がある場合は本文の最後に記述する。
その他は特に形式を定めない。
ただし,表題の前に巻頭言などの種類を記載すること。
2
表題は「・・・・・・に関する研究」や「・・・・・・について」などの表現は避ける。
3
和文要旨は,論文と総説については500字以内,短報については400字以内とする。
英文要旨は,論文と総説については250単語以内,短報については200単語以内とする。
要旨中では図・表・電子付録・文献・数式などの引用は避け,改行しない。
4
原稿はA4判の白紙に横書きで,1枚につき上下左右それぞれ3cm程度の余白をとり,横40字×縦25行に整えたものとする。
図・表と電子付録以外の原稿にはページをふり,左余白には行番号を付記する(手書きの場合は5行おきでもよい)。
本誌1ページあたり,文字のみで2,700字程度入る。
5
仮名遣いは現代仮名遣いとし,学術用語以外は常用漢字を用いる。
原稿中に欧語を用いるのは,その必要がある場合に限る。
動物・植物の和名は片仮名書きとし,学名はイタリックとする。
単位はSI単位とする。
ウェブ投稿の場合は,外字や機種依存文字,ならびに入手困難なフォントは用いない。
6
図・表の題にはそれぞれ通し番号(図−1,表−1など)をつける。
英文の図・表の場合は,和文の題に英文を併記し,それ以外の部分はすべて英文とする。
図:印刷したときの品質が鮮明なものとする。
図に使用した記号やグラフの網掛けの凡例は図中に入れる。
用紙の右上に図の通し番号(図-1など)を記載する。
図の修正,書き直し,文字の貼り直しは著者の実費負担とする。
カラー印刷希望の場合は,その製版印刷の全額を著者負担とする。
表:大きさは原則として,1ページに印刷できる限度以内とする。
表の縦けいは省き,横けいもできる限り省略する。
図化できる表は,図にすることが望ましい。
題は表の上に,脚注は表の下に記載する。
7
電子付録(付図・付表など)は,必要のある場合,電子的補助資料としてつけることができる(冊子体には掲載されない)。
付図・付表の記載方法は上記の図・表に従う。
ただし,付図には題と説明を図の下に記載する
8
引用文献は著者名のアルファベット順に記載し,同一著者の文献が複数ある場合には発行年順とする。
本文中での引用は,引用文献に付した通し番号で(1),(2, 3)のように引用するか,または,該当人名に(年)あるいは事項に(人名 年)をつけて引用する。
混用はしないこと。
後者の方法で著者が2名の場合は(人名・人名 年),(name and name 年)のように引用する。
また後者の方法で著者(ただし,著者が3名以上の文献は筆頭著者のみ)と発行年が同一のものは,年の後にa,bなどをつけて区別する。
誌名の略記法は慣例にならう。
巻通しページがある場合は巻のみとし,ない場合は巻(号)を併記する。
記載方法は下記の例に従う。

a.雑誌の場合
笠井美青・丸谷知己(1994)山地河川における立木群による土砂の滞留機構.日林誌 76: 560-568
Ochiai Y, Okuda S, Sato A (1994) The influence of canopy gap size in soil water conditions in a deciduous broad-leaved secondary forest in Japan. J Jpn For Soc 76: 308-314
b.書籍の場合
Levitt J (1972) Responses of plant to environmental stresses. Academic Press
渡邊定元(1994)樹木社会学.東大出版会
c.書籍中の場合
小林繁男(1993)熱帯土壌の痩悪化.(熱帯林土壌.真下育久編,勝美堂).280-333
Wells JF, Lund HG (1991) Integrating timber information in the USDA Forest Service. In Proceedings of the Symposium on Integrated Forest Management Information Systems. Minowa M, Tsuyuki S (eds) Japan Society of Forest Planning Press, 102-111
9
本文中で用いた注は引用文献の前に番号をつけてまとめる。

(2011年 5月28日改定)
(2017年 4月18日改定)
(2018年 4月24日改定)
(2019年 4月23日改定)