日本森林学会誌

投稿案内

日本森林学会誌の目的と分野


 日本森林学会誌(以下、日林誌)は日本森林学会が定期的に刊行する和文の学術誌です。日林誌は1919年より、森林と林業に関する基礎研究・応用研究の成果をまとめた論文、短報、総説等を発信しています。森林・林業に関わるあらゆる人びとにとって科学的な情報の共有・交換の場であるとともに、持続可能な社会の構築に貢献することを目指しています。

 対象とする森林学分野は林政、経営、立地、遺伝・育種、生理、造林、植物生態、動物・昆虫、微生物、防災、利用、風致・観光、教育の13分野等とします。

 筆頭著者は日本森林学会会員である必要がありますが、共著者には非会員を含めることができます。