森林科学 No.98 (2023年6月)

【目次】

特集「変貌する世界の木材マーケットと日本の林業・木材産業」

特集「変貌する世界の木材マーケットと日本の林業・木材産業」の狙い/嶋瀬拓也
ウッドショックの発生とその経過 :林業・木材産業それぞれの視点から/安藤範親・多田忠義
商品としての木材の性格と木材市場の特徴 -木材市場変動のメカニズムとウッドショックの国内林業への影響-/藤掛一郎
世界の木材貿易構造の変化と日本の位置 -木材の供給・需要・貿易をめぐる変化とその背景-/早舩真智
ウッドショックに揺れる宮崎県の素材生産・製材業 -月次モニタリングを通じて-/大地俊介
無断伐採 :国産材需要が高まるなか、何が起こっているのか?/御田成顕
歴史から見通すポストウッドショック時代の国産材戦略/嶋瀬拓也
用語の解説

シリーズ

「林業遺産紀行」:長走風穴種子貯蔵庫遺構/香月英伸
「うごく森」:動けない樹木の遺伝子レベルのうごき :刻々と変化する環境に適応するために/能勢美峰
「現場の要請を受けての研究」:幸田町水晶山 -里山再生と健康ウォーキング調査/若月徹・太田充彦・石原慎
「森をはかる」:水質を用いた河川水の流出経路推定/江草智弘

コラム

「職場紹介 北から」:北森カレッジのチャレンジ ~慣れろより習え!能力ベースの教育~/土屋禎治
「職場紹介 南から」:森と人との共生を考える専修学校/杉本和也
「森の休憩室Ⅱ 樹とともに」:人は木を運ぶ/二階堂太郎

読者の声

はげ山的水源涵養機能からの脱却/篠原慶規

ブックス・学会記事・編集後記

前のページへ戻る