143号(2022/2/1)

143号(2022/2/1)

  • 2022.2.6
  • メールマガジンアーカイブ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 日本森林学会メールマガジン  第143号
 2022/2/1
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
全国で感染症が再流行中。まもなく節分。豆をまいて鬼と“病”を追い出そう。 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<INDEX>
┗ 1. 日本農学進歩賞を受賞(後藤栄治会員)
┗ 2. 令和4(2022)年度 日本森林学会各賞 受賞者および受賞業績
┗ 3. 2022年度会費(2月末締切)のお知らせ
┗ 4. 第133回日本森林学会大会 プログラム公開(2月1日)
┗ 5. 第133回日本森林学会大会(託児補助支援)
┗ 6. 第133回日本森林学会大会(発表方法、発表ファイル、参加申込)
┗ 7. 第133回日本森林学会大会の学会企画
┗ 8. 第133回日本森林学会大会関連集会
┗ 9. Journal of Forest Research (JFR) 特集掲載号変更のお知らせ
┗10. Journal of Forest Research (JFR) 27巻1号発行
┗公募情報 3件
┗集会情報 3件
┗学会からのお知らせ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1┃日本農学進歩賞を受賞(後藤栄治会員)
┗━┛
第20回日本農学進歩賞の発表があり、本会から推薦した後藤栄治会員(九州大
学)が「植物の弱光環境適応における葉緑体運動の意義に関する研究」により受
賞されました。2021年11月26日に授賞式と受賞者講演が行われました。 

詳しくは、下記学会ウェブサイトをご参照下さい。
 https://www.forestry.jp/news/effort/r3_shinpo/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃2┃令和4(2022)年度 日本森林学会各賞 受賞者および受賞業績
┗━┛
令和4(2022)年度 日本森林学会各賞の受賞者および受賞業績が決定しました。
日本森林学会賞2名、学生奨励賞3名、JFR論文賞2編、日林誌論文賞1編

詳しくは、下記学会ウェブサイトをご参照下さい。
 https://www.forestry.jp/award/award-arc/award2020/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃3┃2022年度会費納入(2月末締切)のお願い
┗━┛
○自動引落のお知らせ
会費を自動引落にしてる会員の方は、2月末に口座から引落されます。対象の会
員へは事務局よりメールにてお知らせ済みです(12月末)。
引落日:2022年2月28日(金融機関休業の場合は翌営業日)

○会費自動引落以外の会員の方には、2月初旬に会費納入の連絡をお送りします。
特に133回日本森林学会大会での発表者は、新年度会費納入済の必要があります
ので、早めの納入をお願い致します。
学会ウェブページ(入会案内の会費納入方法)
 https://www.forestry.jp/welcome/

○学生会員の皆様:年会費3年間割引制度
学生会員の卒業・修了後3年間の会費割引(学生会員と同額)を試行中です
(2023年度まで)。この春社会人になる学生会員は、申請手続きをお願いします。
 https://www.forestry.jp/welcome/pricedown/

<学会大会関連>
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃4┃第133回日本森林学会大会 プログラム公開(2月1日)
┗━┛
【重要な期日】
2月1~28日 大会参加の託児等費用補助申請(期限前に締切の可能性あり)
3月4日(金)研究発表ファイル提出の締切(口頭発表・ポスター発表)

【大会日程】(オンライン開催)
3月27日(日)午前:開会式・授賞式・受賞者講演
   午後:公開シンポジウム「東北の森から-山の文化と人々の暮らし-」
3月28日(月)午前・午後:研究発表
3月29日(火)午前・午後:研究発表・閉会式
*口頭発表とポスター発表は、大会期間中にオンデマンド視聴・閲覧可能

【大会参加申込】大会当日まで参加受付(早めの申込みをお願いします)。
申込方法:大会ウェブページ[各種申込み]専用サイトからオンライン登録
○大会参加費(2022年2月1日以降)
 一般会員・非会員:10,000円、学生会員:3,000円
*研究発表をしない学部生は無料(参加登録は必要)
詳しくは学会大会ウェブページ https://www.forestry.jp/meeting/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃5┃第133回日本森林学会大会(託児補助支援)
┗━┛
大会参加に必要な託児等(託児・ベビーシッタ)費用補助を行います。
補助費:託児費の半額(上限額は、お子さん一人当たり5,000円/日)
 申込期間:大会プログラム公開後(2月1日~2月28日:事前申込み)
※注意:予算の上限に達した場合、期限前に締切る可能性があります。

申込先:diversity.promotion [アットマーク]forestry.jp
詳細は、大会ウェブサイトおよび日本森林学会誌(103巻6号)でご確認下さい。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃6┃第133回日本森林学会大会(発表ファイル提出:3月4日まで)
┗━┛
○発表ファイル提出期間:2022年2月1日(火)~3月4日(金)
○発表ファイルの提出方法:申込み専用サイト[発表資料投稿]から提出

【発表ファイルの形式】
・口頭発表ファイル:音声付き動画(mp4形式、12分以内、200MB以内)
・ポスターファイル:pdf形式(音声付きは不可、10MB以内)
*ポスターの様式は問いませんが、PC画面での見やすさを考慮して下さい
*具体的な作成方法は、後日、大会ウェブサイトに掲載予定です。
(発表方法)
・口頭発表(部門別・公募セッション):Zoom Meetingを利用
・ポスター発表:オンライン会場(Claris)内に掲示

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃7┃第133回日本森林学会大会の学会企画
┗━┛
学会企画1.(企画担当)
「4年制大学における森林科学教育の現状と今後の方向-技術者教育の視点から
-」
開催日 :2022年3月26日(土)13:00~17:00(大会前日)
開催方法:Web (Zoom) 事前申込制
申込締切:2022年3月24日(木)17時締切
参加費 :無料(どなたでもご参加いただけます)
申込方法:https://forms.gle/3wNkTLF1or9ywLidA
コーディネータ:枚田邦宏(日本森林学会;林業教育研究会)

学会企画2.(中等教育連携推進担当)
○「高校生ポスター発表」(大会期間中実施)
○「大学での森林の学びや研究を知ろう-高校生と大学生との交流を交えて-」
開催日:2022年3月28日(月)16:30~18:30 Zoom開催(事前申込制)
   (高校生ポスター発表参加校は、申込不要)
内 容:高校生ポスター発表表彰式、高校生と大学生等との意見交換など

学会企画3.(国際交流担当)
「帰国留学生会員およびアジアの林学会とのネットワークフォーラム」
内容:ポスター発表(学会大会期間中実施)および交流会
交流会日程:2022年3月28日(月)17:00~18:30
交流会参加申込締切:2022年1月22日(土)(事前申込制)
申込先:ota [アットマーク]dhs.kyutech.ac.jp(大田真彦・Ota Masahiko)

学会企画4.(ダイバーシティ推進担当)
○「森林学会におけるダイバーシティ~多様な立場に寄りそえる学会を目指して
~」
開催日時:2022年3月29日(火)12:15~14:15 Zoomミーティング
参加方法等:学会大会参加者向け。申込不要。

○会員サポート企画「あつまれ!がっかいの森」
<昼の部>~ゆるっと話そう ワークライフバランスとか~
開催日時:2022年3月27日(日)11:30-13:00 Zoomミーテイング 

<夜の部>~ゆるっと話そう キャリア形成とか~
開催日時:2022年3月28日(月)17:00-20:00 Gather.town
参加方法等:申込不要。参加費無料

*各企画の詳細は、日本森林学会誌104(1)や大会ウェブサイトをご確認下さい。
 https://www.forestry.jp/meeting/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃8┃第133回日本森林学会大会 関連集会(開催日順)
┗━┛
・第133 回日本森林学会大会の交流スペース
2022年3月18日~3月29日(利用登録必要)

・森林教育懇談会:2022年3月22日(水)14:00~17:00(事前登録)
「『森林教育』の著者に聞きたい!」

・森林立地学会:2022年3月26日(土)13:30~16:00
「震災から10年:津波にねばり強い海岸林づくりの『これまで』と『これか
ら』」

・森林遺伝育種学会:2022年3月26日(土)
「画像とAI で切り拓く新たな森林モニタリング」

・林業経済学会2022年春季大会シンポジウム:2022年3月30日(水)9:30~17:30
「継続する原子力災害による森林・林業・山村への被害と復興」

・第28回森林昆虫談話会:2022年3月30日(水)9:00~12:00
「森の足元に棲む生きものたち-林床に生息する節足動物類の多様性と機能-」

・森林計画学会総会:2022年3月30日(水)9:30~12:00
・森林計画学会春季シンポジウム:2022年3月30日(水)13:15~17:00
「森林・林業におけるUAV 利用の現状とその展望」

・樹木病害研究会:2022年3月30日(水)9:00~12:00(事前申込)
「樹病・微生物研究の最前線」

*各集会の詳細は、日本森林学会誌104(1)や大会ウェブサイトをご確認下さい。
 https://www.forestry.jp/meeting/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃9┃Journal of Forest Research (JFR) 特集掲載号変更のお知らせ 
┗━┛
JFR27巻1号(2022年2月発行予定)に掲載を予定していた特集
「Recent advances in the nitrogen-fixing symbiosis between Frankia and 
actinorhizal plants」は、2号(2022年4月発行予定)に掲載延期となりました。

JFR27巻2号または3号に掲載を予定していた特集
「Can treeshelter rescue reforestation under deer foraging pressure? 
Effects on seedling growth, protection, and decision making」は、3号
(2022年6月発行予定)掲載になりました。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃10┃Journal of Forest Research (JFR) 27巻1号発行 
┗━┛
Journal of Forest Research (JFR) 27巻1号が2022年2月に発行予定です。
URL https://www.tandfonline.com/toc/tjfr20/current

<掲載論文一覧>
【原著論文】
○ナイジェリア南西部におけるGmelina arborea Roxb林分の非線形混合効果モデ
ルを用いた直径-樹高モデル/ A mixed-effects height-diameter model for 
Gmelina arborea Roxb stands in Southwest Nigeria / Friday Nwabueze Ogana
○日本の製材業における国産大径材利用:地域間の差異に着目して / Domestic 
large-diameter log use in the Japanese lumber manufacturing industry: 
focusing on regional differences / 岩永青史、早舩真智、田中亘、伊神裕
司
○国家森林公園に対する旅行者の知覚表現-Wujin Mountain国家森林公園におけ
るケーススタディ / Tourists’ perceptual presentation of national 
forest park?A case study of Wujin mountain national forest park / 
Zhang Jianrong、Zhao Zhenbin
○ボルネオの海岸熱帯ヒース林においてアカシアの侵入がイオン沈着に及ぼす影
響 / Impacts of invasive Acacias on ion deposition in a coastal 
Bornean tropical heath forest / Mohamad Hilmi Ibrahim、Faizah Metali、
Kushan U Tennakoon、Rahayu Sukmaria Sukri
○斜面に生育するモウソウチク林とスギ林の純一次生産量配分と窒素利用効率の
違い / Differences in net primary production allocation and nitrogen 
use efficiency between Moso bamboo and Japanese cedar forests along a 
slope / 下野皓平、片山歩美、久米朋宣、榎木勉、智和正明、菱拓雄
○生態地域に基づくクリミアマツの樹高曲線モデル / Ecoregion-based 
height-diameter models for Crimean pine / Mehmet Seki、Oytun Emre 
Sakici
○雌雄異株高木性樹木であるカツラの8年間の開花と結実 / Flowering and 
fruiting of the dioecious canopy tree Cercidiphyllum japonicum over an 8
-year period in central Japan / 崎尾均、久保満佐子
○インド中央ヒマラヤのヒマラヤマツ林に生育する郷土灌木樹種に対する侵略的
外来種Ageratina adenophoraのアレロパシー効果 / Allelopathy effects of 
invasive alien Ageratina adenophora on native shrub species of chir pine 
forest in the central Himalaya, India / Mukesh Kumar、Satish Chandra 
Garkoti
○北日本のブナ林に生息する樹上性昆虫の群集構成における地理パターン / 
Geographic pattern in the community structure of arboreal insects in 
beech forests in northern Japan / 木村彰宏、池田紘士

【短報】
○新型コロナウイルスの流行下における森林浴の心理的利益:地中海の都市近郊
林における予備的研究 / Psychological benefits of Forest Bathing during 
the COVID-19 pandemic: a pilot study in a Mediterranean forest close to 
urban areas / Anna Muro、Albert Feliu-Soler、Josep Canals、Eva Parrado、
Antoni Sanz
○モンゴル・森林ステップ土壌から検出されたCenococcum geophilumの菌核の特
徴 / Characteristics of Cenococcum geophilum sclerotia found in steppe 
forest soil in Mongolia / Nyamsanjaa Khulan、Bolormaa Oyuntsetseg、/ 
高島勇介、坂上伸生、渡邊眞紀子

┏━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃公募┃詳細は学会ウェブページ URL:https://www.forestry.jp/news/
┗━━┛
○茨城大学農学部農学(統計教育)担当准教授/講師公募
職 :准教授または講師
人数:1人
所属:農学部地域総合農学科(統計教育担当)
応募締切日:2022年2月28日
採用予定日:2022年6月1日

○信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
職 :助手(特定雇用)
人数:1人
所属:信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター
応募締切日:2022年2月14日(月)必着
採用予定日:2022年4月1日

○職:山形大学 学術研究院(農学部食料生命環境学科主担当)
職 :助教または准教授
人数:1人
所属:山形大学 学術研究院(農学部食料生命環境学科主担当)
応募締切日:2022年2月14日(月)(必着)
採用予定日:2022年6月1日以降できるかぎり早い時期

┏━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃集会┃詳細は学会ウェブページ URL:https://www.forestry.jp/news/
┗━━┛
○令和3年度林野庁補助事業「地域内エコシステムモデル構築事業成果報告会」
開催日時:2022年3月1日(火)~2022年3月31日(木)
開催方法等:web視聴型の期間限定公開、参加費無料、事前申込制

○林木育種センター 令和3年度林木育種成果発表会
開催日時:令和4年2月18日(金曜日)13時30分~17時00分
開催方法等:Microsoft Teamsによるウェブ形式、視聴無料
申込締切日:2022(令和4)年2月16日(水)、定員250人(先着)

○IUFRO 3.08.00 Small-scale Forestry Conference 2022 Okinawa
開催日時:2022年10月26-29日会議(口頭・ポスター報告、シンポジウム)
     2022年10月30-31日エクスカーション
開催場所:沖縄コンベンションセンター
 申込締切日:2022年3月31日(first call要旨提出)など

【学会からのお知らせ】
┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗┛日本森林学会誌
【オープンアクセス】J-STAGEでの公開時にオープンアクセスになりました。
(ライセンスはCC BY-NC-ND 4.0)。筆頭著者等はORCID取得をお願いします。
日林誌投稿ページ https://www.forestry.jp/publish/jjfs/introduction/

【論文データがJ-STAGE Dataで公開】
データリポジトリサービスJ-STAGE Dataで、論文データが公開されました。
J-STAGE Data  https://jstagedata.jst.go.jp/JJFS

┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗┛第132回学会大会企画動画:期間限定公開
【会員限定】「森林科学を学んだらどんな仕事があるのか」
視聴期間:1年間(2022年5月31日まで)URLは学会員・学生会員限定
https://www.youtube.com/playlist?list=PLLvv9yhHCUfg2ECTKbZdweET2UKJRaCZY

┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗┛事務局より
○異動連絡票提出のお願い:事務局までお知らせ下さい。
https://www.forestry.jp/app/

○Journal of Forest Researchオンラインアクセス権(2022年分12月配信済み)
(2021年分)が不明な方は、事務局までお申し出下さい。
 https://www.forestry.jp/introduction/contact/

○電子メールアドレスの登録のお願い
日本森林学会では,迅速な情報提供のためメールマガジンを毎月配信しています。
学会からの重要な情報も含まれています。
学会からメールが届かない方は,メールアドレスの(再)登録をお願いします。

┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗┛原稿受付
日本森林学会では,ウェブページに集会等情報・公募情報を掲載しています。
公募等情報掲載https://www.forestry.jp/introduction/contact/request-public/ 
集会等情報掲載https://www.forestry.jp/introduction/contact/request-meeting/
原稿は随時受け付けています。原稿は,下記広報宛に提出をお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 □発行 一般社団法人日本森林学会
 □https://www.forestry.jp/introduction/contact/
編集 広報委員会 newssubmit[アットマーク]forestry.jp

前のページへ戻る