No.4 木曾森林鉄道(遺産群)

きそしんりんてつどう(いさんぐん)

番号 No.4
登録年 2013年
認定対象 十王沢橋梁、鬼渕鉄橋、小田野橋梁、ボールドウィン蒸気機関車(以上、小川森林鉄道)、田島停車場跡地、 大鹿渕橋(以上、王滝森林鉄道)、第一阿寺川橋梁(阿寺森林鉄道)
分類・形式 搬出関連
成立年代 大正~昭和初期
所在地 小川森林鉄道関連:長野県木曽郡上松町
王滝森林鉄道関連:長野県木曽郡王滝村
阿寺森林鉄道関連:長野県木曽郡大桑村
所有・管理者 長野県木曽郡上松町、大桑村、木曾森林管理署

木曾森林鉄道は、大正時代から昭和40年代にかけて、木曾地方で運用されていた森林鉄道の総称である。木曾ヒノキをはじめとする木材の搬出に用いられ、歴史と規模の大きさ等から、国内の森林鉄道の代表的存在であった。また、山村における生活の足としても運用され、域内外の人々の記憶に強く残っている。

前のページへ戻る