1. トップページ
  2. 一般情報
  3. 集会等情報
  4. 日本‐インドネシア国交樹立60周年記念森林セクターセミナー(2018.06.28開催)

日本‐インドネシア国交樹立60周年記念森林セクターセミナー(2018.06.28開催)

  1. 集会等の名称: 日本‐インドネシア国交樹立60周年記念森林セクターセミナー 「インドネシア森林セクターのパラダイム転換: コミュニティベースの持続的森林管理の促進に向けて 」
  2. 開催日時: 2018年6月28日(木)9:30~17:00
  3. 開催場所: 早稲田大学 国際会議場1階 井深大記念ホール
  4. 詳細が掲載されているURL: https://kbritokyo.jp/forest2018/
  5. インドネシア政府は、「木材ベースの森林管理」から「コミュニティベースの森林管理」に基づく生態系資源ベースの森林管理へとインドネシアの森林管理パラダイムを転換する政策を決定しました。この政策は、国連持続的開発目標(SDGs)の達成に向けた、持続的、調和的かつ公平な森林利用の実現を目的としています。

    インドネシア、日本両国の環境や森林に関する行政機関、企業、NGO、教育/研究機関、市民の皆さんが集まって、これまでのコミュニティベースの森林管理への取り組みやその教訓を共有し、森林と人との持続的な開発に向けたインドネシア・日本両国の役割やコラボのポテンシャルについて考え、理解を深めたいと思います。

    • 言語: 日本語インドネシア語同時通訳
    • 主催: インドネシア大使館
    • 共催: 早稲田大学
    • 後援: インドネシア環境林業省、日本森林技術協会、国際緑化推進センター、W-BRIDGE (Waseda-Bridgestone Initiative for Development of Global Environment)
    • セミナープログラム:
      • 開会
      • 基調講演: 森林セクターの二国間協力のレビュー
      • セッションI: 持続的森林管理に関するインドネシアの政策の変化
      • セッションII: 将来の持続的森林管理に向けて: 森林管理ユニット (FMU)
      • セッションIII: コミュニティベースの森林管理
      • セッションIV: 生態系ベースの森林管理
      • 総合パネルディスカッション
      • 総括と閉会