1. トップページ
  2. 一般情報
  3. 集会等情報
  4. 日本森林学会公開シンポジウム「林業遺産への期待と課題」(2018.05.29開催)

日本森林学会公開シンポジウム「林業遺産への期待と課題」(2018.05.29開催)

[ポスター]

日本森林学会は2018年5月29日に、公開シンポジウム「林業遺産への期待と課題」を開催します。会員はもちろん、会員以外の皆様もご来聴できます(予約不要、入場無料)。ふるってご参加下さい。

日時: 2018年5月29日(火)13:30~16:15
場所: 日林協会館3階大会議室(東京都千代田区六番町7)
主催: 一般社団法人日本森林学会

趣旨:
日本森林学会は、2013年度に学会100周年を契機として、日本各地の林業発展の歴史を将来にわたって記憶・記録していくための試みとして「林業遺産」選定事業を始めました。それから5年目を迎えた今、3名の報告者と1名のコメンテータをお迎えし、これまでの「林業遺産」選定の成果を振り返るとともに、今後の方向性について議論したいと思います。

プログラム:

13:30~13:40 主催者挨拶・趣旨説明
13:40~14:10 講演1: 林業遺産のこれまでの取り組みと成果
佐藤宣子氏(九州大学)
14:10~14:40 講演2: 林業遺産への行政側からの期待
今泉裕治氏(林野庁森林利用課)
14:40~15:10 講演3: 林業遺産の選定と地域への効果
柿内久弥氏(国際農林水産業研究センター)
15:10~15:20 休憩
15:20~15:30 コメント
八巻一成氏(森林総合研究所)
15:30~16:10 パネルディスカッション
コーディネーター: 柴崎茂光氏(国立歴史民俗博物館)
16:10~16:15 閉会挨拶