1. トップページ
  2. 一般情報
  3. 集会等情報
  4. 国際シンポジウム「地域に根差した自然保護 "Local Communities and Nature Conservation"」(2017.11.23開催)

国際シンポジウム「地域に根差した自然保護 "Local Communities and Nature Conservation"」(2017.11.23開催)

  1. 集会等の名称: 国際シンポジウム「地域に根差した自然保護 “Local Communities and Nature Conservation”」
  2. 開催日時: 2017年11月23日(木・祝)10:00–17:00
  3. 開催場所: 筑波大学東京キャンパス134号室
    〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
    (地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅より徒歩5分)
  4. 詳細が掲載されているURL: http://www.conservation.tsukuba.ac.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=118&comment_flag=1&block_id=15#_15
  5. 開催趣旨:

    世界には、自然を守るための区域、いわゆる自然保護地域が数多く分布します。たとえば、世界自然遺産、国立公園、ジオパーク、ユネスコエコパーク、サンクチュアリなどは、すべて自然保護地域に含まれます。このような自然保護地域の中や周辺には、そこを生活基盤とする人々が存在します。したがって、自然保護地域で保全活動を行う際は、そこに暮らす人々や地域社会からの理解と協力が欠かせません。本シンポジウムでは、国内外より6名の専門家をお呼びし、世界における自然保護活動と地域社会との関係について様々な事例を紹介していただきます。専門家だけではなく、行政、学生、市民の方々など、地域に根差した自然保護活動に関心をもたれている多くの皆様のご参加をお待ちしております。

    主催: 筑波大学大学院自然保護寄附講座
    
    後援: 日本自然保護協会、IUCN日本委員会、WWFジャパン、日本野鳥の会
    
    参加費: 無料
    
    言語: 英語/日本語(同時通訳あり)
    
    申し込み先:
    http://www.conservation.tsukuba.ac.jp/jog5qv5wi-15/#_15
    
    Program プログラム
    
    10:00-10:10  Opening Address (Representative of University of Tsukuba)
    シンポジウム「地域に根差した自然保護」開催趣旨
    
    
    第1部 総論
    
    10:10-10:50
    Michael Lockwood (University of Tasmania)
    "Privately protected areas in Australia: Progress and prospects"
    マイケル・ロックウッド博士(タスマニア大学)
    「オーストラリアにおける民間保護地域:成果と展望」
    
    10:50-11:30
    Shigemitsu Shibasaki (The National Museum of Japanese History)
    "Areprotected area systems creative destruction or destructive creation
    to local communities?"
    柴崎茂光博士(国立歴史民俗博物館)
    「保護地域制度は地域社会にとって創造的破壊なのか?それとも破壊的創造なの
    か?」
    
    11:30-11:40   Question and Answering Time 質疑応答
    
    11:40-13:20
    Poster Session and Lunch Break>
    ポスターセッションと昼食休憩
    
    
    <第2部 地域を主体とした自然保護活動>
    
    13:20-14:00
    Gongbo Tashi (NPO Plateau Perspectives, Tibetan University)
    "Achieving sustainability through community level partnerships in the
    Third Pole Environment (TPE): Experiences in inclusive biodiversity
    conservation in the Sanjiangyuan Region, Qinghai Province, China"
    ゴンブ・タシ博士(NPO Plateau Perspectives・チベット大学)
    「第三極域(TPE)における地域コミュニティーとのパートナーシップを通じた
    持続可能な社会の構築:三江源国立公園での包括的生物多様性保全活動」
    
    14:00-14:40
    Nobuki Kawano (Aya Government Office)
    "UNESCO Biosphere Reserve Management in Aya Town, Miyazaki, Japan"
    河野円樹博士(綾町・ユネスコエコパーク推進室)
    「地域とともに照葉樹林をまもる:綾ユネスコエコパークのこれまでとこれから」
    
    14:40-14:50
    Question and Answering Time 質疑応答
    
    14:50-15:00  Break 休憩
    
    
    <第3部: 地域と自然を結ぶエコツーリズム>
    
    15:00-15:40
    Ralf Buckley (Griffith University)
    "Protected area management and the role of ecotourism in bridging
    communities and nature"
    ラルフ・バックリー博士(グリフィス大学)
    「地域と自然とを結ぶ懸け橋としてのエコツーリズム」
    
    15:40-16:20
    Ayako Toko (Toyo University)
    "Relations between ecotourism and community-based conservation - Cases
    from Cambodia"
    藤稿亜矢子博士(東洋大学)
    「エコツーリズムと地域主体の自然保護の関係性 −カンボジアの事例から」
    
    16:20-16:30 Question and Answering Time 質疑応答
    
    16:30-16:50 General Discussion 総合討論
    
    16:50-17:00 Closing Address (Representative from University of Tsukuba)
    閉会の辞