林業遺産選定一覧(2017年度)

今回の選定によって、登録された林業遺産は31件に達しました。2018年度以降も当事業は継続して参りますので、各地からの積極的な応募推薦をお待ちしております。

legacy2017_map.png

2017年度: 林業遺産選定結果と主な内容
登録番号対象名分類・形式成立年代所在地所有・管理者説明
24 矢部村における木馬道と木場作林業 資料群、道具類、建造物 明治43(1910)〜昭和35(1960)年 福岡県八女市矢部村 杣のふるさと文化館 八女地方における主要な木材搬出方法であった木馬道の構造や搬出作業、村民生活を支えた木場作に関する道具類、資料群、開道記念碑。
25 我が国初の森林鉄道「津軽森林鉄道」遺構群及び関係資料群 搬出関連、資料群 明治42(1909)年 青森県青森市、五所川原市、東津軽郡外ケ浜町、同蓬田村、北津軽郡中泊町 東北森林管理局、中泊町博物館、青森市森林博物館 動力車による牽引を前提とする森林鉄道で日本で最初に建設されたもので、全森林鉄道の中で最長を誇る。
26 旧帝室林野局木曽支局庁舎および収蔵資料群 建造物、資料群 昭和2(1927)年(建造物)、明治期〜昭和初期(資料群) 長野県木曽郡木曽町福島5471-1 木曽町 近代の木曽地域における林野行政を知る上で重要な建築物である旧帝室林野局木曽支局庁舎「御料館」および林野行政や森林文化を伝える史資料、道具類、写真・絵葉書。
27 日本近代砂防の祖・諸戸北郎博士の設計による渓間工事建造物群 建造物 昭和4(1929)〜昭和11(1936)年 愛知県犬山市塔野地大畔 東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林生態水文学研究所 山地からの土砂流出を抑制することを目的として諸戸北郎博士によりデザインされたコンクリート放水路付土堰堤などの渓間工事建造物群。
28 遠山森林鉄道の資料および道具類・遺構 搬出関連、資料群、道具類 昭和17(1942)年 長野県飯田市南信濃、上村 木沢地区活性化協議会、夢をつなごう森林鉄道の会、飯田市上村自治振興センター、上村振興公社、飯田市 地元有志によって保全されてきた遠山森林鉄道に関する写真や資料、貨車・客車、隧道や橋梁、石積み擁壁などの遺構を残す線路跡。
29 海部の樵木林業 林業発祥地、林業景観、林業跡地、林業技術体系 寛文年間(1661〜1673年) 徳島県海部郡美波町、牟岐町
日和佐川、牟岐川各流域 樵木林業研究会 徳島県海部郡において広く実施されてきた常緑広葉樹の択伐林施業で、択伐矮林更新法や、魚骨状の伐採・搬出方法に特徴がある。
30 進徳の森と中村弥六の関連資料群 資料群、林業記念地 明治期〜大正期 伊那市高遠町 伊那市 中村弥六自身が農林省林業試験場から外国産樹木の苗木を移植した「進徳の森」と高遠町図書館が収集した中村弥六の林業関連文献。
31 北山林業 林業景観、建造物、林業体系、資料群 室町時代(応永年間1394〜1429年) 京都市北区中川北山町ほか 京都北山杉の里総合センター、京都府北山杉育林振興協議会ほか 台杉仕立てや一代限り丸太仕立ての林業体系が形成する景観や杉丸太小屋などの建造物、一連の関連資料。