1. トップページ
  2. 学会の取り組み
  3. 理事会からのおしらせ
  4. おしらせ
  5. 第182回日本学術会議総会及び記者会見(R3/4/22)に関するご報告

第182回日本学術会議総会及び記者会見(R3/4/22)に関するご報告

第182回日本学術会議総会及び記者会見(4月22日)に関するご報告

                             2021年4月23日
                              日本学術会議幹事会

     2021年4月21日及び22日に、第182回日本学術会議総会が開催さ
    れました。4月22日には、総会にて承認された声明「日本学術会議会員任命
    問題の解決を求めます」及び「日本学術会議のより良い役割に向けて」を、井
    上信治科学技術政策担当大臣に提出するとともに懇談いたしました。その後、
    記者会見を行いました。ついては、学協会の皆様に記者会見資料をお送りする
    とともに、以下のとおりご報告いたします。

    (1)第182回日本学術会議総会について
     2021年4月21日及び22日、第182回総会を開催いたしました。
     新型コロナウイルス感染症の感染状況に鑑み、学術会議庁舎だけでなく、オ
    ンラインでも会員に参加いただき、精力的な議論による修正を経て、声明「日
    本学術会議会員任命問題の解決を求めます」及び「日本学術会議のより良い役
    割発揮に向けて」が承認されました。
     特に「日本学術会議のより良い役割発揮に向けて」については、昨年来、会
    員、連携会員、学協会の皆様には、アンケートや意見交換などを通じて御協力
    いただきましたことに、心より御礼申し上げます。本件については具体化に向
    けさらに継続して検討を進めて参ります。引き続きご支援、ご協力のほどお願
    い致します。

     ○声明「日本学術会議会員任命問題の解決を求めます」
      http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-25-s182-1.pdf

     ○日本学術会議のより良い役割発揮に向けて
      http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-25-s182-2.pdf

    (2)井上大臣への手交、記者会見について
     2021年4月22日、声明「日本学術会議会員任命問題の解決を求めます」
    及び「日本学術会議のより良い役割発揮に向けて」を井上大臣に手交するとと
    もに、記者会見にて説明を行いました。
     記者会見で配布いたしました資料は、日本学術会議のホームページに掲載し
    ております。

     *第25期幹事会記者会見資料(4月22日)
      http://www.scj.go.jp/ja/member/iinkai/kanji/kisyakaiken.html


    記者会見冒頭の梶田隆章会長の挨拶

     今回の総会において、声明「日本学術会議会員任命問題の解決を求めます」、
    及び「日本学術会議のより良い役割発揮に向けて」の2件の提案について、承
    認いただき、先ほど井上大臣にもお届けしてまいりました。
     声明「日本学術会議会員任命問題の解決を求めます」については、日本学術
    会議会則に基づく「声明」として発出するもので、6人の任命と任命しない理
    由を求めています。
     「日本学術会議のより良い役割発揮に向けて」については、昨日及び本日の
    総会での御議論を踏まえ、特殊法人に関する記載を修正いたしました。
     昨日、今日と会員の皆様からいろいろとご意見を伺いましたが、皆様の想い
    としては、日本と世界の人々が新型コロナウイルス感染症により多大なる困難
    に直面する中、日本学術会議が切実な課題に取り組みながらも、学術会議のあ
    り方についての審議にも取り組まざるを得なかったことについて、会員は、た
    いへん忸怩たる思いを抱いています。しかし、日本の社会と学術の未来にとっ
    ての重要性に鑑み、誠心誠意議論を深めてこうして2つの文書として結実しま
    した。
     今後、私たちは引き続き日本学術会議の改革に取り組みつつ、日本の国民と
    世界の市民への責務に応えて、重要課題の審議に積極的に取り組んで行きたい
    と考えております。