1. トップページ
  2. 日本森林学会大会
  3. 第126回日本森林学会大会
  4. 第126回日本森林学会大会のお知らせ(第4回)

第126回日本森林学会大会のお知らせ(第4回)

一般社団法人 日本森林学会会長
第126回日本森林学会大会運営委員長

第126回大会を北海道札幌市の北海道大学農学部を中心に開催します。大会までのスケジュール上の注意点などをご案内いたします。

本大会では,当日,学術講演集を冊子体にて配布いたします。学術講演集原稿は,大会発表データベースに登録されたものを用いるため,研究発表の申込後にオンラインで入稿していただきます。大会開催1ヶ月ほど前からインターネットで講演集を公開します。

1.大会参加費・懇親会費の支払(大会参加のみの場合の前納の締切は2015年1月15日(木))

※1月15日(木)17時をもって、前納は締め切りました

大会参加費(税込)1 前納の場合 一般6,000円 学生3,000円2,3
大会当日 一般7,000円 学生4,000円2,3
懇親会費(税込)1 前納の場合 一般5,500円 学生3,000円
大会当日 一般6,000円 学生4,000円
(懇親会の当日参加は定員に達し次第締め切らせて頂きます。)
1 学会の法人化に伴い大会参加費および懇親会費の消費税を内税で徴収します。
2 今年から「研究発表しない学部生」については会員・非会員ともに大会参加費が無料となります。専用サイトでの事前登録は不要ですが,大会当日の受け付けは必ず行って下さい。「発表する学部生の学生会員」および「学部生以外の学生会員(例えば,大学院生)」は上記の大会参加費をお支払下さい。
3 大会参加登録開始の時点で学部に所属している学生を「学部生」とします。
※大会にはどなたでも参加出来ます。会員外の方は当日受付で当日参加費をお支払下さい。

前納をご希望の場合は,必ず大会特設ページから参加申込みを行ってください。

前納に関しては,専用サイトでのクレジットカード支払(VISA,MASTER)を推奨いたします。
払込取扱票の日林誌への綴じ込みはありませんので,郵便振替口座による払込みをご希望の場合は,郵便局の払込取扱票を使用し,通信欄に必要事項(参加申込者氏名(ふりがな),参加受付番号(RGで始まるもの),連絡先住所,電話,e-mail,所属,送金金額内訳,研究発表の有無)を記入のうえ,下記の郵便振替口座に送金してください。払込取扱票は,参加者1名につき必ず1枚ずつ使用してください。領収書は大会当日,受付時に発行します。いったん納入された大会参加費・懇親会費は返却いたしません。また,上記締切以降は,クレジットカード・郵便振替口座による払込みは受け付けません。大会当日に受付でお支払いください。なお,郵便振替によるお支払いは,学会事務局で確認されるまでに7~10日程度かかる場合もあります。どうか余裕をもってお支払い手続きを行ってください(クレジットカードによる支払いは即座に確認できますので,その意味でもカード支払いを推奨いたします)。

郵便振替口座
口座番号 00160-7-789845
加入者名 一般社団法人日本森林学会 大会運営委員会

<払込取扱票見本>(クリックで大きくなります)
131030_sample.png

2.学術講演集原稿の提出(締切:2015年1月15日(木)17:00)

研究発表を申込まれた方は,締切までの期間中に,日林誌96巻5号または[当ウェブサイト]に掲載されている「学術講演集原稿の提出」に従って原稿を作成し,[専用サイト]から入稿してください。

3.発表方法

口頭発表の機器は液晶プロジェクターのみとします。Microsoft PowerPoint Viewer 2010 をインストールしたパソコンを準備します。発表に用いるPowerPointファイルは2010までのバージョンでご準備ください(各自で事前に動作確認されることをお勧めします)。OHPは使用できません。

ポスター発表のポスターの大きさは,A0縦置き(1,188×841mm)を基本とします。ポスターには,発表題目,発表者氏名を明記してください。

なお,発表方法の詳細につきましては,日林誌97巻1号(2015年2月発行予定)と当ウェブサイトに掲載する大会プログラムをご参照ください。

4.日程と会場

午 前 午 後
2015年 3月26日(木) 各種委員会等(農学部,学術交流会館)
3月27日(金) 日本森林学会各賞授賞式(学術交流会館)
受賞者講演(学術交流会館)
公開シンポジウム(学術交流会館)
研究発表(農学部,学術交流会館)
懇親会(北部食堂)
3月28日(土) 研究発表(農学部,学術交流会館) 研究発表(農学部,学術交流会館)
3月29日(日) 関連学会・研究会(農学部,学術交流会館) 関連学会・研究会(農学部,学術交流会館)

※会場アクセスマップ(pdfファイル)

5.保育室の設置について

第126回大会では,2015年3月26日(木)から29日(日)まで,大会に参加される会員が利用できる保育室を設置いたします。保育室では,NPO法人子育て支援ワーカーズの保育士スタッフがお子様のお世話をいたします。保育室の利用を希望される方は,2014年12月15日(月)までに, 以下の事項をe-mailにて大会運営委員会事務局( )にお知らせください。詳細については,希望者に後日e-mail等でご連絡いたします。なお,当日飛び入りの受付はいたしかねますので,可能性のある方は必ずお申込みください。

  1. 利用希望者氏名(学会員),所属,連絡先(e-mailアドレス,携帯電話番号)
  2. 子供の名前・性別・年齢(2015年3月26日現在) 例:花子・女・1歳4か月
  3. 託児を希望する日付(学会期間中に限ります)
  4. ご要望等

6.大会に関するウェブサイト

研究発表の申込みと学術講演集の入稿は,[大会特設ページ]から行っていただきます。ウェブサイトでは,これらの手続きの詳しい入力手順のほか,本大会に関する詳細と最新の情報を見ることができます。

7.大会会場案内

JR札幌駅, 札幌市営地下鉄さっぽろ駅より農学部まで徒歩15分。詳細は[会場アクセスマップ]を参照ください。

新千歳空港から札幌駅まで
・JR 快速エアポート(約15分間隔で運行)
  所要時間:36分  片道大人:1,070円
・バス 北海道中央バス・北都交通
  所要時間:約70分 片道大人:1,030円

8.大会に関する連絡先

研究発表以外(関連学会・研究会の申し込みを含む)に関する連絡先

〒060-8589
北海道札幌市北区北9条西9丁目
北海道大学大学院農学研究院内
第126回日本森林学会大会運営委員会
E-mail:

研究発表(部門別口頭発表,部門別ポスター発表,テーマ別シンポジウム)に関する連絡先

〒102-0085
東京都千代田区六番町7 日林協会館
日本森林学会プログラム編成委員会
E-mail:

9.第5回PALSARデータ利用講習会のお知らせ(日本森林学会後援)

LバンドSARは,XやCバンドなどのSARによく用いられるその他の周波数と比較して,植生の影響を受けにくく干渉解析がより効果的である,森林の観測に優位性を持つ,という特徴があります。宇宙航空研究開発機構(JAXA)では,25mの全世界PALSAR(衛星搭載合成開口レーダ)データと,森林/非森林分類結果を無料で公開しました。
  http://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/palsar_fnf/fnf_jindex.htm
また、ALOS-2/PALSAR-2が今年5月に打ち上げられ,これらの特徴を生かした基本観測運用が開始されます。より多くの方々にLバンドSARを活用していただくために,JAXA/地球観測研究センター(EORC)では,PALSARデータ利用講習会参加者の募集を開始いたしました(無料ソフトウェア提供も含みます)。

本講習会の詳細と最新情報については, [Webページ]をご覧下さい。多くの方々のご参加をお待ちしております。

1) 会場 北海道札幌市 かでる2.7 730会議室
http://homepage.kaderu27.or.jp/
2) 日時 2015年3月25日(水),26日(木)
3) テーマ 25m PALSAR/PALSAR-2モザイク及び森林・非森林の利用,森林分類等およびその他の応用(TBD)
4) 申込締切 2015年3月6日(金)
5) 問い合わせ先 e-mail: , 宇宙航空研究開発機構, ALOS-2解析研究グループ
※ 講習会の参加可能人数は50名を予定しています。
※ 講習会は無料です。
※ 講習は英語ですが、質疑は日本語でも受け付けます。
※ PCはWindows7(64bit)、メモリ4GB以上を推奨します。