1. トップページ
  2. 学会の取り組み
  3. 男女共同参画への取り組み
  4. 活動内容
  5. 2014年3月28日 男女共同参画関連企画100周年記念特別セッション【シンポジウム】

2014年3月28日 男女共同参画関連企画100周年記念特別セッション【シンポジウム】

男女共同参画の実現から ダイバーシティの推進へ
~100年後の森林と人類のために、森林分野のあり方を考える~

第125回日本森林学会大会において、100周年記念事業の一環として、国内外のゲストを招いて、「男女共同参画の実現から ダイバーシティの推進へ」をテーマとする特別セッションを開催しました。

男性会員、女性会員の他、非会員の参加も含めて、70名を超す皆さまに御参加いただき、森林分野のダイバーシティに関する熱心な議論が行われました。

セッションの最後には「森林分野におけるダイバーシティ推進宣言」が提案され、全会一致で採択されました。


<森林分野におけるダイバーシティ推進宣言>

私達は、森林と人間社会のよりよい関係を築くために、男女を問わず多様な人々が森林の利用や管理、森林に関わる活動や各種の意思決定に参画することが重要だと考えます。

私達は、日本森林学会とともに、森林の機能や価値、森林生態系の多様性と同時に、森林と関わる人々が多様であることを尊重し、関連する様々な分野や組織と連携し、国内外の森林分野における人々のダイバーシティを尊重した取り組みを推進し、森林と人類のよりよい未来に貢献していきます。

2014年3月28日
男女共同参画関連企画100周年記念特別セッション参加者一同
日本森林学会

<The JFS Promoting Diversity Declaration>

We believe that the diversification of people in forest use, forest management, other forest activities, and in decision-making in the forest arena are crucial to ensure a better future relationship of forests and human society.

We, together with the Japanese Forest Society, respect the diversity of people in the forest arena as well as the biodiversity and manifold value of forests. We will contribute to a better future for forests and humankind by promoting diversity both domestically and internationally in the forest arena in collaboration with related fields and organizations.

March 28, 2014
All the participants of the Special Session on Gender Diversity of JFS 100 years anniversary

GE100anni.jpg

案内チラシ(クリックで拡大)